ワードプレス、導入すべきプラグイン

投稿日:2020年4月26日 更新日:

表示速度を速くしたいので、プラグインはできるだけ少なくしたいと思っています。

レンタルサーバ(共用サーバ)レベルであれば、目安として、上限15個までなら問題ないと言われていますが、まあなんとなく、不要のプラグインは無効化して、また使いたい時は有効化にして使っています。

現段階では、サクサク表示できています。

導入しているプラグイン

Google XML Sitemaps

記事の公開・更新の度にサイトマップを自動生成するプラグイン

こちらを参考に設定しました。▼

https://bazubu.com/google-xml-sitemaps-27067.html

All in One SEO Packを使用していましたが、このブログで使用しているstinger+2はseo対策されたテーマなので、All in One SEO Packは使用しなくていいかもしれないと思い、今は、このGoogle XML Sitemapsを使用しています。

・Table of Contents Plus

記事の目次を自動生成できるプラグイン

これは便利です。目次の作り方がわからず、検索してみるとこのプラグインにたどりつきました。

何もしなくても、H1からH6までの見出し用のHTMLタグを基に目次を自動生成してくれるんです。

こちらを参考に設定しました。▼

WordPress Popular Posts

サイドバーに人気記事ランキングを設置するプラグイン。

人気記事ランキングの1位は、ついつい見たくなりますよね。なので、入れてみることにしました。

こちらのサイトを参考に設定してみました。

https://michinari.work/archives/15282003.html

下の画像のようにタイトルを入力したのに、このブログで使用しているワードプレスのstinger+2というテーマでは、タイトルが表示されませんでした。

WordPress Popular Posts

解決策:

「外観」>「テーマの編集」>「functions.php」

if ( !function_exists( 'st_register_sidebars' ) ) {
 function st_register_sidebars() {

 register_sidebar( array(
   'id' => 'sidebar-10',
   'name' => 'サイドバートップ',
 'description' => 'サイドバーの一番上に表示されるコンテンツエリアです。',
   'before_widget' => '<div class="ad">',
   'after_widget' => '</div>',
   'before_title' => '<p class="st-widgets-title">',
   'after_title' => '</p>',
    ) );

'before_title' => '<p class="st-widgets-title">',

▼変更

'before_title' => '</p>',

にすると表示されました。

こちらのサイトを参考にして表示させました。▼

・WebSub/PubSubHubbub

記事を投稿した際にGoogle・Yahoo!・Bingなどの検索エンジンに素早くお知らせをしてくれるプラグイン

私の場合、トレンド記事を書いているわけではないので、必要かどうかはわかりませんでしたが、少しでもPV数が増えるならという気持ちで導入しています。

こちらは、特に設定することはありません。

・Better Search Replace

置換したい単語を全ページを一斉置換できるプラグイン

今回、「ぶろぐ菓子」というメニューを、初めて見た人でも意味がわかるように「メモ」に変更しようと思いました。

このように、全ページを一斉置換するときに使用します。

使わない時は使用停止しています。

使い方はこちらのサイトを参照しました↓

https://hazimaru.jp/2864/

全ページではなく、一部だけ置換する場合はコチラ▼

・WP-Insert

「にほんブログ村」のバナーを全記事に一斉貼り付けするのに使う

応用でツイッターのフォローボタンも載せました。

こちらのサイトを参考にして表示させました。▼

https://agousa.com/twitter-follow-button/

・Taxonomy Order

カテゴリーの表示の順番を変えるプラグイン。

カテゴリーを非表示にし、シンプルにメニューだけにしたので、不要になった。

2020.3また使用することにした。

理由:スマホ利用時、下の方にスクロールした時、カテゴリ表示があるとトップまで戻らなくて済むので便利。

追随するアコーディオンメニューや、トップへ戻るボタンも考えられたが、カテゴリー表示の方が、メニューが隠されているアコーディオンメニューよりアクセスされると考えられるため。

子メニューも隠さず、記事数も表示した方が、クリックされやすいのでないかと思い、カテゴリ表示を復活させた。

・Post Type Switcher

投稿ページ、固定ページを後から変更できるプラグイン

自己紹介ページを、間違えて投稿ページで作ってしまったので使用しました。

▼使い方はこちらを参照

使用をやめたプラグイン

・All in One SEO Pack

seoのことやってくれるプラグイン。

All in One SEO Pack、設定するべき理由を記事にしました。設定簡単です!▼

せっかく設定しましたが、このブログで使用しているstinger+2はseo対策されたテーマなので、今はGoogle XML Sitemapsを使用しています。

・BackWPup

バックアップをとるためのプラグイン

FileZilla(MacでもWindowsでも使えるFTPソフト)をインストールしたので、不要になった。

FileZillaを使ったバックアップの仕方

リモートサイトは、自分のブログ名/public_html/wp-content

『plugin』『themes』『uploads』をローカルサイトの任意のフォルダへドラッグ&ドロップします。

▼こちらのサイトを参考にしてバックアップをしています

https://takuweb1.com/2019/10/25/filezilla-backup/

-メモ, メモメモ, ワードプレスstinger+2

Copyright© ねこのこのこねたん , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.