子供への百人一首は、子供用より大人用がオススメな理由

投稿日:2020年3月23日 更新日:

こんにちは、ユーチューブで百人一首をボーカロイドがメロディーにのせて高速で歌うのが頭から離れない、マーミーです。

前回、こどもは意外と百人一首をエンジョイするという記事を書きまして、その続編です。

子供用百人一首を買いました。…主人が。

私:大人用百人一首(以下、大人用)でエンジョイしてるから子供用百人一首(以下、子供用)なんていらないよ

主人:子供用に作られてるから、その方がわかりやすくていいじゃん。

札に歌の情景のイラストついてるし、この方がいいよ!

私:なるほど、そうだね。

子供用は、子供のことを考えてよく作っていると関心しますが、

これから、ディスってしまうことになるので、商品名はあげません…

アマゾンでこの百人一首が届き、新しものの子供はすぐ飛びつきました!

子供用は厳選30首になっています。

なるほど、100枚は多いので30枚が私も無難と思います。

うちでは大人用を、約30首の読み札、取り札をペアにしたものを輪ゴムでまとめて、使っていました。

大人が思っているより、子供は、旧仮名の順応力が高い

取り札には、その歌の意味の、今風のイラストがのっていてかわいいです。

早速遊んで見ると、違和感が…

現代仮名遣いなんです…。

例えば

「けふここのへに にほひぬるかな」が

「きょうここのえににおいぬるかな」なんです!

大人用に慣れていたこどもはすぐこれに気づいて、「けふがきょうって書いてるね」など、すぐ気づきます。

なので、わざわざ現代仮名遣いにする必要はないと感じました。

子供用には上の句のはじめの一文字が、取り札に書いてある

百人一首は五七五七七の短歌で、取り札には七七の部分、下の句しか書いていません。歌を覚えて入れば、下の句を詠む前に取れますね。

子供用は早く札を取れるように、上の句のはじめの一文字を下の句に入れてくれています。

大人はそれを頼りに札を探し、よくお手つきをします。

例えば、上の句のはじめの一文字が「あ」だけで17首もあるんですね。

この子供用百人一首で祖父VS祖母で対戦したとき、取り札がないというのが3回ありましたww

上の句のはじめの一文字に反応して取ってしまうため、下の句をよく確認しないんです。

祖父:「あれ、札がないぞ、無くしたのか?おまえ(祖母)間違って取ってんじゃねえの?」

祖父母、自分の取った札を確認する

祖父:「…あった、はい、次よんでー」

祖母:「ちょっとーアンタじゃないよー、疑ってたくせに」

このやりとりが3回ww

取り札に書いてある、上の句のはじめの一文字、いらないよ

こどもは、上の句の最初の一字で札を探そうとしない、頼ろうとしませんでした。

これは大人用に慣れていたからでしょう。

大人より子供はうたを覚えるのが早い気がします。

私は歌を覚える気などサラサラないので、そう感じるのかもしれませんww

競技かるたの特訓ではないし、取り札に上の句のはじめの一文字は入れない方が、私はいいと思います。

大人用百人一首と小学生のまんが百人一首辞典がオススメ

結論は、百人一首は、大人用でオッケー!!

意味を聞かれた時は、

前回の記事でもオススメした学研のまんが百人一首辞典、こちらに上の句索引、下の句索引あります。

これが便利です。

次は、おすすめの百均おもちゃの記事を書きます。

追記:この記事を書いた後に気づいたのでが…、恥ずかしいのですが、百人一が百人一になってました。すみません。漢字よく間違うので、勤めていた時も、よく恥をかいていました…。

ワードプレスで間違った字を一斉に痴漢する方法です、あ、間違えた置換です。↓↓

-子育てオススメ色々

Copyright© ねこのこのこねたん , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.